スキューバダイビングについて

スキューバダイビングの方式

今では水中世界は身近になってきています。テレビや映画では美しい島々の水中の様子を放映し、無人探査機などを使用すれば謎そのものと言っても過言ではない深海を間接的に覗くこともできます。しかし、大勢の人が自らスキューバダイビングという方法を使って、直接水の世界に入っていきます。
ひと昔前の「スキューバダイビング」は実質的な意味においてたった1種類しかありませんでしたが、現在のスキューバダイビングは「レクリエーション」、「テクニカル」、「コマーシャル」、「パブリック・セーフティ」、「サイエンス」、「ミリタリー」の6つの分野に大別することができます。

その中でもほとんどの人が「レクリエーション・ダイビング」という手段で水中世界への扉を開きます。そこから、真剣な情熱がありもっと危険を冒してみたいという意欲のあるスキューバダイバーの中には、スポーツ・ダイビングの極端な形態である「テクニカル・ダイビング」の分野へと手を伸ばしていく人もいます。

以上の理由で、水中の門である「レクリエーション・ダイビング」と一歩進んだ「テクニカル・ダイビング」がこの6つの分野でメジャーなものとなっています。

これからそスキューバダイビングの分野についてご紹介をしていきたいと思います。
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!